誓いのキスも!キリスト教式

もっともポピュラーといえるのがキリスト教式の挙式。お嫁さんになりたい!とイメージするのが純白のウェディングドレスではないでしょうか。神父もしくは牧師の立ち合いで、新郎新婦は永遠の愛を誓います。もちろんキリスト教徒以外でもこの形式で結婚式を挙げることはできますが、式場併設の教会ではなく、街の教会で行う場合には、事前に講習会に参加するなどの条件が課される場合も。大学のチャペルは卒業生のみ利用可ということもあります。

白無垢姿で厳かに。神前婚

神前式一般的には神社で行います。広さにもよりますが、基本的には出席は親族プラスαとなります。その後、併設もしくは近くの式場の移動して披露宴を行うことが多いようです。白無垢や色打掛など、最近では日本の伝統文化が見直されており、ひそかなブームになりつつある神前式。普段とはがらりと違う大和撫子の魅力を前面に出す和装姿は、老若男女、幅広い年齢層からの好感度が高く、きちんとした結婚式という印象ですね。着慣れていない分、夏はちょっぴり大変かもしれません。

あなたらしいオリジナリティを。人前式

式に参列した皆さんに結婚を認めてもらうというスタイルです。列席者全員の署名をもらった結婚誓約書を掲げ、拍手をもらう!ここが一番の盛り上がりとなるでしょう。特に決まりはありませんから、レストランウェディングやガーデンウェディング、あるいは海上ウェディングなど、場所もそして費用も自由度が高いのが特徴です。きちんとしたい雰囲気にも、カジュアルな雰囲気にも演出できますから、「ふたりらしさ」にこだわるならば人前式がおすすめ!

神戸の結婚式場のサービスにこだわるにあたり、信頼のできるウェディングプランナーの手厚いサポートを受けることがおすすめです。