付き合った記念日に渡してみる

婚約指輪を好きな人に渡してプロポーズする際には、特別な日に渡すことを心がけるようにしましょう。プロポーズというのは異性にとってされて嬉しいことの一つですから、男性からする場合でも女性からする場合でも、いつもとは違った雰囲気の場所で渡すようにするのがベストです。渡すタイミングについて特に慣例などはありませんが、付き合い始めた記念日や、何かの節目の行事に渡すことで、パートナーにも喜んでもらえることでしょう。

入籍してから渡すのもあり

婚姻届を役所に提出して、日を改めて渡すというのも素晴らしいことです。婚姻届を出しているということは双方がもう結婚するということを知っていますから、その上で渡すことで更に嬉しいイベントになっていく事でしょう。婚約指輪を渡すタイミングについて世間で明確な決まりがあるわけではありませんから、これから結婚されるカップルの方は、どちらが渡す場合でも、どのタイミングで渡せば喜んでもらえるのか、考えてから渡しましょう。

婚約指輪の相場はどれくらいか

一昔前までは、婚約指輪の値段は月給の何ヶ月分という決まりなどがありましたが、不況が続く現代においては、そのような縛りもなくなりつつあり、数万円の格安のものを購入してそれを渡したり、高級なものを渡したりなど、その人の選ぶ基準によって変わってきます。婚約指輪は無理のない値段のものを購入するのも大事ですから、あまり見栄を張ったりするのではなく、自分の経済力に合わせたものを購入して相手に渡すことにしましょう。

婚約指輪は夫婦になる男女がお互いの指にはめる装飾品です。材質やデザインが多彩ですが、近年では結婚後の生活を圧迫しないように安価な製品を用いるケースが主流になっています。