大人の甘さを演出したい

ふくらみのあるベルラインのドレスに似合って、あまり幼くなりすぎないピンクのバラのブーケを可能にするには、ふっくらと束ねたラウンドスタイルがいいでしょう。大輪なのにどこも緩んだところがない美しい巻きのブライダルピンクは大人の女性にこそふさわしい品のよい甘さをもったバラです。花はこの一種だけで十分で濃淡で選んだピンクのリボンだけを愛らしさのアクセントに加えましょう。ドレスとなじむようにステムに巻いたチュールをふんわりと流すといいですよ。

シックにきめたい!!

クラッシックなドレスに合わせてシックな感じに仕上げたいときには豊潤なボルドー色に薄いパープルという配色がいいでしょう。思い切り贅沢に仕上げるなら、りんと咲き誇る大輪のリークとシルバーフォックスというバラのクラッチブーケが重々しくならないでしょう。周りにはスモークツリー、アスチベルなどの素材を使い、贅沢感をスマートに持てるようにナチュラルステムに仕上げえ居るのかポイントになります。大輪づくしのブーケに軽やかにみえるでしょう。

ロマンチックだけど大人しくなりすぎないように

トレーンを引くロマンチックなドレスを選んだ場合、ブーケも甘い色実がいいという人も多いでしょう。それでも大人しくなりすぎないように仕上げるにはメインに淡いクリーム色の大輪のバラ、スウィートハニーをおき、それを引き立たせるために淡い藤色のバラ、パープルハットを使うといいでしょう。かすかな反対色をつかうことでデリケートに輪郭を起こしてくれますよ。形は長く引くトレーンとバランスのいいドロップ形にして、やさしい色に合うようにスモーキーなグリーンを合わせるといいでしょう。

長崎の結婚式場は海からも近い街と言う事も景色が綺麗な会場が多くなっているのが特徴です。綺麗な景色が見える場所で式を挙げたいという方には最適なエリアです。