婚約指輪は何を選ぶ?

婚約指輪はダイヤリングが最も多く、一般的なものとして浸透していますね。ダイヤ以外では、どんな物があるかと言えば、誕生石や地金だけのものといった場合も少なくないようです。ダイヤの場合はその大きさやデザインもさまざまですが、一粒大きなものが一石中央に配置されているものや、その周辺に脇石が配されているものが人気が高い傾向にあります。小粒のものが一周しているデザインも、結婚指輪とも合わせやすく、なかなか人気のものとして安定しているようです。

渡す時のシチュエーションは?

婚約指輪の渡し方で多いのは、やはりプロポーズする時のようです。この渡すタイミングやシチュエーションは男性側でもいろいろこだわる人もいるようで、中にはレストランなどお店の人に協力して貰うと言ったエピソードも少なくありませんよね。食事のタイミングでさりげなく一緒に運んでもらったり、違うプレゼントに入れておいたりとサプライズ感を大切にする人も増えています。やはり、一生に一度のプロポーズは、男性にとっても大切なものなんですね。

肝心の予算はどれくらい?

ところで、あげる方も貰う方も、気になるのはそのお値段ではないでしょうか。特に男性にとっては重要な問題です。まず目安を知りたいという人は多いようです。一昔前であればお給料の3ヶ月分が目安ということも言われていましたよね。これはある有名人が記者会見で話したことが発端になっているものですが、現在では人それぞれ違うようです。一般職の20代の男性であれば給料の1ヶ月分~2ヶ月分を目安とした20万円から50万円という予算が比較的多いのではないでしょうか?

婚約指輪は一生に一度の結婚の決意を誓い合う大事な指輪ですが、お金やブランドを第一に考えるよりも、心を大切にし自分にあった素敵な結婚指輪を旦那様と選ぶことがとても大切です。